自己紹介と私の基本的な考え

私について

こんにちは。

ニュージーランドで総合診療の開業医 General Practitioner として仕事をしている、のり です。

日本で10年ほど、主に外科のトレーニングや診療にあたった後、2002年にニュージーランドに移り住み、こちらで医師としての免許を取りました。

現在ニュージーランド人の夫と娘と共に、北島の街で毎日診療にあったっています。

このブログでは、ニュージーランドでの医療の状況を伝えつつ、日本との違い、ニュージーランドや日本、ひいては世界の医療の質を上げるには何を考え、どうすればいいかなど、私の考えを書いていきます。

また、将来ニュージーランドで仕事をしたい日本人医師の方々に、必要な情報を提供できればと考えています。

ニュージーランド在住の方、将来こちらへ来る方には、何かお役に立てることがあれば、嬉しいです。

個人的な医療相談は受け付けていませんが、どこを受診すれば良いかなど、適切なアドバイスはできますので、必要であれば質問してください。

 

私の基本的考え

私は、医療は基本的にはエビデンス(医学的根拠)に基づくものだと考えています。医師が皆、自分が信ずる治療法を根拠もなく行えば、患者さんは害を受ける可能性もあります。

ただ私がいつも念頭に置いているのは、

1. エビデンスは変化すること。

2. 最終的には、患者さんがどんな人生を生きたいか。

です。

1. については、今日のエビデンスは1年後には覆されているかもしれません。

更年期のホルモン療法が良い例です。

2. 患者さんがガイドラインに従った治療法をしたくなければ、その理由を聞き、別の選択肢が患者さんに害を与える可能性が低ければ、妥協することもあります。

患者さん自身が私のアドバイスを受けた上で、自分でどの様に生きたいのか何を目標にしているのかを考え、それを私ができる範囲で援助する。

15分の診療時間が終わって、患者さんが部屋を出て行く時、私も患者さんも、この15分が(いつも15分より長くなってしまうんですけれど)意味があるものだったと思えること。

私は、それを目指しています。

私が興味があること

私が興味がある分野は

  • ライフスタイル メディスンメディスン  Life Style Medicine
  • ストレス・軽度うつ病のマネッジメント
  • 多汗症の治療 (https://waki-total-care.com)

です。

今後、生活習慣を向上するプロジェクトやティーンエージャーの精神的な健康を向上させるプロジェクトを考えています。

興味がある方は、是非メールでご連絡ください。

 

更新日:

Copyright© ニュージーランドで 医師として考えること , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.