リンク広告

お知らせ メンタルヘルス

コーチングセッションを期間限定で無料提供中

更新日:

医療とカウンセリングの知識と経験を交えたコーチングセッションを、期間限定で無料提供しています。

 

GPの仕事場で、また仕事場以外でも

同じ状態の中で留まっている人に多く遭遇します。

 

そんな人達の人生のどれだけの時間が、有意義な経験を送ることなく費やされているか

無くした物やお金はまた手に入れることが可能です。

でも、時間は戻ってきません。

 

「自分の人生を変えたい」と思っても、どうすれば良いかわからない人。

自分の方法でやってみても何も変わらず、がっかりして諦めたしまった人。

 

そんな人達が、進みたいと思っているゴールに向かって、一歩足を踏み出すサポートしたいと思います。

 

私のコーチングを受けた方からのレビュー

徳子先生のコーチングを受ける前は、自分に自信がなく、これから先どうしたいのか、どうなりたいのか全く見えていませんでした。自分の人生で何が大切で何に価値を置いているのかも分かりませんでした。

先生が教えて下さった中で私にとってのキーワードは”意識”することでした。無意識で漠然と毎日を過ごすのではなく、ゴールを設定し、逆算して今を過ごすことの大切さに気づけた時に、少しずつこれまでとは違った生活が送れるようになりました。特に過去にとらわれ、ネガティブに思っていたことを全てポジティブなことに変換する方法を教わった後、自信と明るさを取り戻せました。また、自分にはできないと思い込んでいた枠組みを取り除いて頂いたので、これまでになく視野が広がりました。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にこのセッションで人生が良い方へ変わり、毎日が楽しく前向きに思えます。例えまた困難があったとしても、乗り越える方法が分かっているので、心に平穏があります。

今辛いと感じている方だけでなく、人生をより良くしたい方にもこのセッションを本当に受けて欲しいと思います。徳子先生の笑顔と温かさを感じるだけでも元気になれるセッションです。

A.M. 2021年12月

 

私は家族との対話に悩んでいました。引っ越しをして更に自分の自信もなくして苦しい状況でした。
思春期の2人の子ども達への対応、コロナ禍で家族が一緒にいる時間が長くなり、家族全員がイライラしていました。
そんな時にのりこ先生のコーチングを受け、冷静に問いかけしてもらい、気づきをたくさんもらえました。そして、自信がなかった英会話の勉強をオンラインで始めることができました。
家族との対話についてわたし自身が動き始めたことで笑顔が増えてきたと思います。今回の先生との出会いに感謝しています、思い切って受けて良かったです。ありがとうございました。

M.U  2021年10月8日

 

仕事や将来のことで迷っている時期に、たまたま徳子さんのブログを見つけてコーチングをお願いしました。今の仕事を辞めて独立したいけれど、何をどんな風に進めていけば良いのか分からず、なかなか前に進めない自分に焦りを感じていました。

徳子さんのコーチングを受けて、まず感じたのは、話をきちんと聞いてもらえるという安心感でした。そして客観的な立場で的確な質問をしてもらうことで、自分では考えてもみなかったような答えが自分の中から出てきて、心の中の霧が晴れていくような感覚を味わいました。3回のコーチングを終えた頃には、色んな答えが見つかり、焦るよりも時間をかけて着実に前に進んでいこう、という気持ちになっていました。

医療やメンタルヘルスにプロとして携わって来られた徳子さんだからこそ、コーチングにも厚みと深さがあって、安心して委ねることができました。これからも、必要とされている方々に、徳子さんのサポートが届きますように。 Y.O. 2021年10月25日

70歳という年齢で、まだまだ海外で夢を追い続けチャレンジを続ける中、自分の内側で「年齢の壁」という常識にぶち当たり「仕切り直し」の必要を感じていました。先生には、的確な質問を重ねて頂き、それに対して誠実に答えようと自分に向き合うことを続けて、自分の核となるものや「本音」に気づくことができました。それがとても嬉しく、ほっとしました。自分が大事に持ち続けようと思うもの、手放そうと思うものがはっきりして(当初自分が思っていた事柄とは全く別の景色が立ち上がって来て嬉しい驚きでした)より自分の世界の大地に足をつけて、具体的な行動を選択して行けそうです。どんなセンシティブな話題も、スピリチュアル系も、すべてまるっと受け止めて下さりながら、相談者に必要な道筋を通し、風通しを良くする問いかけで、「脱線」させることなく(笑)、本人しか知らない本人が着きたいところへ、導いてくださいます。課題のジャンルを問わず、お勧めの先生です。                   本宮栄子 2021年10月28日

なぜコーチングなのか

GPとして働いてきて、年を経るごとに

誰かに治してもらうのを待って、いつまでも同じ場所に留まっている人

自分で自分の健康管理に責任をとる人

がいることに気づきました。

全ての人をこの2種類に分けるのは、無理があることは自覚していますし、状況によって、前者が後者になったり、後者が前者になったりします。

 

「責任を取るって言っても、好きで病気になったんじゃないでしょ」という怒りの声も聞こえてくる気がします。

 

正にその通りです。

 

体重が増えて糖尿病になった人も、気持ちが沈んでアルコールに頼るようになった人も

その人が、その時その時にできることをできる範囲で行った結果です。

誰も好んで病気になる訳ではありません。

 

ただそういう人達と一緒に(患者さんと医者の)チームを組んで、患者さんが変わりたい方向へ変化を起こそうとする時、

 

医者に運転を全面的に任せる人と、

私(医者)のナビゲーションの助けを受け入れつつ、自分で運転し進んでいく人がいます。

 

長年のGPとして皆さんに接してきた経験から

医者に運転を全面的に任せる人達はなかなか前に進めない、という感想を持ちました。

(勿論、その人の問題によります。例えば、癌になった人に「自分で治療法を見つけて頑張れ」と言っているのでありません。もしも私の文章の意味がわかりにくいという方は、メールをくださったら、詳しく説明します。)

 

そういう人達に、私がもう少し力になれる事はないか。

 

そう考えて、私はCognitive behavioural theray (認知行動療法)、Acceptance and commitment therapy、 Dialectrical behaviour therapyなど、カウンセリングの勉強もしました。

 

色々と試してみて、私が思うのは、

「長期に継続する結果を出すには、マインドセットの変化が重要」という事です。

 

マインドセットだけが変われば良いのではないですが、

マインドセットが変わらないと、行動を長期にわたって変える事は難しいように思います。

 

ちょうど新年の抱負で『毎日30分ジョギングする』とか行動目標を決めても

マインドセットが変わっていないと、すぐ挫折してしまうのと同じです。

 

認知行動療法も、

「自分の役に立っていない自分自身の考えが、本当に正しいかどうか吟味して、自分に役立つものに変える」という意味では

『頭の中のものを変える』カウンセリングなのですが、

なぜその考えを自分が持っているか、という深いところを変えないと、何度も何度も自分の考えを吟味をして、考えを修正する必要があるように、私は思います。

(そして、それが続けられない人は、元のパターンに戻ります。)

コーチングとは

コーチングの基本は、

コーチが、コーチングを受けている人が既に持っている能力に気づく手助けをして、その人が自分の能力を使って目標を達成する事を手伝う

というものです。

 

私がコーチングの勉強を始めたのは2021年。まだ駆け出しではあります。

コーチングの魅力は、潜在意識を短い時間の間に変えられる可能性です。

私は全ての人には、自分で自分の管理をしていく能力があると信じています。

「どのような考えが、自分の前進を阻んでいるか」を自分の中から見出して、新しい方法を実行していくためのサポートをさせていただきたいと思います。

 

私のコーチングには、医者としての医療やカウンセリングの知識、経験も組み込まれます。

コーチングしてもらうのは、病気に関する問題だけですか?

私がコーチングをするのは、病気に関する問題に限りません。

どのような問題でも

「今の状態から抜け出したいけれど、どのようにすれば良いかわからない」

「色々試したけれど、どれもうまくいかない」

 

そのような方は、コーチングを試してみる価値があると思います。

どうやって申し込むの?自分に合うかどうかわからないから、申し込むかどうか迷います。

興味がある方は、『お問い合わせフォーム』から、連絡してください。

お問い合わせをいただいたら、最初に20分ほどのチャットの予定を組んで、その時にお互いに「一緒に前進していけそうかどうか」をチェックしたいと思います。

チャットのセッション後に、一定の間隔でお互いの都合が合う時間に、3回のコーチングセッションを予定します。

セッションは一回 45−50分で、完全無料です。

 

「もうこれ以上、現状に留まって時間を無駄にしたくない」という方。

私と一緒に「前に進む道を探してみたい」という方。

 

是非、ウェブサイトから問い合わせのメールを送ってください。

 

受け入れられる人数に限りがありますので、ご希望に添えない事もあります。

ご了承ください。

 

Copyright© ニュージーランドで 医師として考えること , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.