リンク広告

読んだ本

人生がときめく片付けの魔法 by 近藤麻理恵

投稿日:

ついにこの本読みました。

「ちょっとずつ物を減らす」のではなく「一度に何を残すかの決断をする」というところが、膨大なエネルギーが必要そうで、現時点の私では始める決意ができません。

多分そこが前に進めない原因なのですよね。

この部分を変えれば、自分の人生を大きく変えられるかもしれない、というのはわかる気がします。

私の職場の看護婦さんで、こんまりさんの動画をnetflexかなんかで見て、実行している人がいます。

すごく気持ちがいいらしいです。

ニュージーランドはチャリティーショップがたくさんあって、捨てなくても寄付できる先があるので、物を減らすハードルは日本より低いと思うのですが。

少なくとも「物を買わない」「物を手放す」という事が習慣になってきているので、こんまりさんの考え方からすると邪道ですが「少しずつ」物減らしを続けていきたいと思います。

この本から学んだことは

  1. 物が自分のところに来たのには目的があり、その目的を達したらその物に感謝して手放す
  2. 全てのものに居どころを決めて、使ったらそこに戻す
  3. 家も含め、自分の所有するものに向き合うと、自分が本当に必要としているものかどうか分かってくる

という事。

こんまりさんのアイデアを取り入れつつ、もう少し自分の邪道で片付けを進めてみます。


Copyright© ニュージーランドで 医師として考えること , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.