リンク広告

医療トピック

予防接種と集団免疫 風疹の流行に思うこと

更新日:

集団免疫 という言葉をご存知ですか。

医療従事者の方は、少なくともどこかで聞いたか、昔学んだ覚えがあると思います。



集団免疫 (Herd Immunity)

集団免疫とは、一つの集団の中で、多くの人がある疾患に対して免疫力を持つと、その疾患にかかった人が集団に入ってきても、疾患が広まるのを防ぐ事ができることを意味します。

特に予防接種を受けられない人達や、予防接種を受ける前の乳幼児を守るという点で大きな意味があります。またその疾患を世界から撲滅するには、集団免疫が非常に大切な役割を果たしています。

もしも集団免疫について知らないか、知識を確認しない方はこのウェブサイトTED talkを見ると助けになると思います。

集団免疫の効果が出るのに必要な予防接種率は、問題になっている感染症がどれだけ感染しやすいかによります。

例えば感染力が比較的弱いポリオやおたふく風邪では、人口の85%程度が抗体を持っていれば集団免疫の効果が出ます。非常に感染力の強い麻疹や百日ぜきでは人口の95%は抗体を持っていないといけません。

R0は感染のしやすさ、Threshholdは集団免疫の効果が出る閾値です。© Tangled Bank Studios; data from Epidemiologic Reviews 1993.

日本での風疹の流行

日本では2018年、風疹が流行しています。2018年10月16日の時点で、罹患者は1103人と報告されています。

(追記:厚生労働省の2018年12月11日の発表によると、定期予防接種の機会がなかった現在39~56歳の男性を対象に、2019年から21年度末までの約3年間、全国で原則無料でワクチン接種を実施するそうです。まず抗体検査を無料で行って、十分な抗体がない人には無料でワクチンを接種するようです。)

この様な流行が起こる理由

結論から言うと、十分な割合の人口がその疾患に対する抗体を持っていないからです。

現在日本では、MR という麻疹と風疹の混合ワクチンが使われています。

国立感染症研究所のデータによると、現在の日本の麻疹、風疹それぞれのの予防接種率は60%前後。特に風疹についてはこれまでの国の予防接種が一律なものでなかったため、年代や性別により免疫の程度には差があります。

では、ニュージーランドではどうでしょう。

こちらでは、MMRというおたふく風邪、麻疹と風疹の3種混合ワクチンを、日本のMRと同じ時期に2回接種しています。

(話は外れますが、日本の国立感染症研究所のウェブサイトによると、日本でもMMRが1989から1993迄は選択可能であったけれど、接種後に無菌性髄膜炎を発症するケースがあり中止されてしまった様です。見直しの動きがあるものの、未だ新たな国産ワクチンが承認されず再開されていないということです。世界中でMMRが使われているのに、日本でこのワクチンが承認されないのは、何か安全性以外の理由があるのでしょうか。)

ニュージーランドのMinistery of Healthのウェブサイトには2011年頃までのデータしか載っていませんが、それによるとニュージーランドでのMMR1回目の接種率は93%程度、2回目は90%弱です。

こうして較べてみると、ニュージーランドでのワクチン接種率は日本よりかなり高いですが、未だ充分な集団免疫を得るには至りません。そのため、特に感染性の高い麻疹はまだ流行を見る事があります。

ニュージーランドでの麻疹の報告症例は、2017年1月から2018年6月までで30症例ほど、風疹はデータが見られなかったので全くなかったのかもしれません。(あっても一年に数例ほどのようです)これらの症例は、すべて国外から来た感染者がニュージーランドにウイルスを持ち込んだとされています。



風疹、麻疹の国内からの排除

2017年にニュージーランドのMinistery of healthは、麻疹と風疹をニュージーランドから排除したと公式発表しました。遡った3年以内にニュージーランドであった麻疹と風疹のケースは、ニュージーランド国内から発生したので無く、国外からもたらされたケースだったという事です。

日本でも努力は続けられています。ニュージーランドより早く、日本では2015年に日本から麻疹を排除した事をWHOに認められています。

ただし、風疹は日本からまだ排除されていません。

もしも将来、日本から風疹が排除されたとしても、この世界から麻疹と風疹が撲滅していない現在、もしも国内に十分な集団免疫が備わっていなければ、外国から入国した感染者から容易に感染が広がり、現在の日本の風疹の流行のような状態が起こります。

これからするべきこと

ワクチン接種が医学的に難しい状態の人々がいること、またワクチンを受けても十分な免疫を得られない人達が存在する事を考えると、麻疹のように感染力の強いウイルスに関しては、健常人がほぼ100%接種を受ける事が必要となります。

『ほぼ100%』と達成するには、一般大衆へのさらなる啓蒙に加え、接種や血液検査に関する経済的補助、仕事や学校を休まなくても予防接種が手軽に受けられるようにする、など、政府がさらに力を入れることが必要となると思います。

WHOは2020年までにWHOの管轄する6つの地域(Africa, Americas, Eastern Meditteranian, European, South-Easte Asia, West Pacific) のうち5つの地域で風疹と麻疹を撲滅する計画を実行中です。

オリジナルのWHOのレポートはこちらです。(英語)

この記事を書いている2019年9月現在では、もう数ヶ月しか猶予がありません。

現在の世界中での麻疹の流行を考えると、ちょっと無理そうです。



まとめ と お願い

この記事を読んでいる方で、ワクチンに不安を持っているため、国が定めた予防接種が未接種の方がいらっしゃったら、是非かかりつけの医師、または地域の役所の担当の人と話をしていただきたいです。

もしも時間の都合がつかないとか、お金が払いたくないとかいうのが未接種の理由であれば、地域の役所の人が時間外のクリニックや、補助金などの案内をくれるかもしれません。

あなたやあなたの子供がワクチンを受ける事によって、自らを守るだけでなく、次の世代の人達、世界の他の地域の人達、感染によって簡単に命を落とすような状況にある人達も救う事が可能です。

あなたが今ワクチンを受ける事によって、その病気は将来世界から撲滅されるかもしれません。もちろん、そうすれば、将来その人々がそのワクチンを接種する必要も無くなります。

もしもあなた自身はワクチンの接種に積極的な方で、すべてやるべき事はやっていると思われるなら、次は、周りでワクチンを受けていない人を見つけ、接種を勧めてください。

 

Copyright© ニュージーランドで 医師として考えること , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.